goen°

микрозайм без отказа на карту

blog

森本日記°/今さら、まる → goen° → dot

過去のblog

みなさん、いかがお過ごしですか?

もうじき5月ですね。
5月10日は、goen°の設立記念日です。
その前に、今月26日は わたしの生誕34周年です。

そして、10日発売予定だったのが のびにのびて
5月21日に はじめてで さいごの 紙の作品集といっても過言でない
作品集「うたう作品集」が 発売いたします。

COVER

ここには、愛するスタッフと過ごした時間が たんまり入っております。
濃いぐらいに 入っております。感謝をこめて、自らレイアウトしてみたのですが
これまた ぐちゃぐちゃになってしまいました。

そんな 作品集を制作していて あることに気づきました。
わたしは、いままでやってきた お仕事で
異常に 「まる」 という要素が 多いのです。

もちろん 会社名もgoen°。 しかも n の右上に 「まる」がついています。
この「まる」は、「goenど」を変換すると、でてきます。 気温の「ど」です。
「ご縁度」です。
縁のきっかけの「まる」、つながっていくこと、縁の体温をあらわすこと、
いろいろなことを思って、ふと つけてしまったわけです。

皆さん、よくこの「まる」を打ち込むのに苦労されるみたいなので、これからは
上記のような変換で お楽しみください。

さて、そんな「まる」ですが、
私が大学の卒業制作で作った どでかいオブジェも2mのフラーの法則で制作した球体で、
博報堂に入社して初めて制作した 日産自動車の ある新聞広告も円形の図版で、
それから、球体の車を制作していたり、球体の月を湖に浮かべていたり、
「まる」だらけでした。

そして、今いる goen°の事務所は、まるいものが沢山ぶら下がっていて、
独立を決めて最初に購入したのも円卓です。

そんな「まる」歴史に とどめを打つかのように、
これぞ「まる」。という 新しいお仕事があります。

それは、
SONY「make.believe」

ソニーの「好奇心を持ち、想像力によって夢を実現させよう」という新たな企業メッセージを
展開させていくという
わくわくな ことを わくわくな ものにして、
スタッフみんなで わくわくするという状況です。

SONY

これは、藤井保さんが、人工日食と名付けた 秘密の撮影方法で撮影した球体です。
そんな 好奇心を刺激する皆さんとの接点の「dot」(まる)からはじまり、
たくさんの 「dot」を たくさんの仲間と制作しました。

まずdot graphic
http://www.sony.co.jp/united/makedotbelieve/dotgraphic.html

これは、わたしの大好きな日比野克彦さん、小西利行さん、森口哲平さんが
146個ものdot 指令をあらゆる場所に展開したものです。
というのは、いつもとちょと違う角度で想像してみると もっとわくわくするかもしれない
好奇心を刺激するワークショップをポスターに展開したものです。

スクリーンショット(2010-04-16 22.05.25)

たとえば、
エレベーターのそばには
「行きたい階に 1を足した階に行ってみよう」

水場では
「今ここに流れている水が、一年後どこにいるのか考えてみよう」
他にも
「間もなく階段が終ってしまう、という気持ちを確認しよう。」
「二足歩行を始めた時のことを思い出そう。」
「雨が降ってきたら、雨を待っていた人のことを想おう」
「一番好きな歌を 100の場所で聴いてみよう」
など、ひとつの 言葉のきっかけだけで
ふわふわ記憶が行き来し、
あたまが ぐにゃぐにゃする
些細な日常での 気持ちのウォーミングアップのようなものです。

現場で参加できない人のために
中村勇吾さんをはじめ スタッフ一同が制作したdot portで
今もなお 皆さん参加できます。

http://www.sony.co.jp/united/makedotbelieve/dotport.html

40分おきに指令がでますので、是非 参加してみてくださいね。
こんなふうに、六本木ヒルズにある 「生dot」に描かれます。
私も現場に観光気分で 行ってまいりました。

スクリーンショット(2010-04-16 22.05.13)

そして、そんな 想いや ことばの 一部を視覚化した
dot movie(CM)は

http://www.sony.co.jp/united/makedotbelieve/dotfilm.html

これまた、わくわく です。なにより、一緒に制作した こだまgoen°こと
キャビアの監督、児玉裕一さん自体が わくわくでした。
ふたりとも 丸顔ですし。

スクリーンショット(2010-04-16 22.07.31)

わたしたちは、CDの内山光司さんのもと、 おおいに 子供のように
好奇心が沸きだった瞬間、もう撮影しているという
勢いとスピードで沢山の仲間やスタッフを巻き込み、かたちにしていったものです。
今後メイキングも公開されるので、おおいに笑ってください。

そして、この後
dot labでは、日比野克彦さんと 「好奇心の遊び場をつくろう」というワークショップを
4月24日(土)に行います。(詳細は、その日に きっとうまれていきます)

moji-02-RGB-B5

さらには dot parkという もっと触れることのできる

「dot」の空間を 建築家の大野力さんとmono°goen°にて準備中です。

これも、「まる」だらけな予感です。

moji-01-RGB-B5

毎日 「まる」の中で 「まる」なことを 考えております。
頭が ぐるぐるします。

なんなのでしょうね?
「まる」は、 長さが測りきれず、永遠につづくこと
そして、小さな点をつなげていって かたちづくこと
そのもの自体 わたしにとって 本当に 好奇心の固まりなのかもしれません。

やっぱり、 しかく よりは まる が好きです。

そんなこともあり、 わたしの作品集も 学生の頃の「まる」モノから、この「dot」まで
縁ある すべてが、まるまる 入っております。
ぜひ、関わってくださった全ての方に、そして、これから出会う皆さんに
早く 届けられることを 心から願っております。

コイン_文字コイン_イラスト

あらためて goen°を 感じてしまったわけです。
(p.s ただパソコンのウィンドウは まるい形より しかくの方が見やすいですね)

前回の日記のコメントに なんと 動物園の岩野園長からのコメントがありました。

2010 年 4 月 9 日 09:03 | 編集

春ですね…と言っているうちにミモザは終わり桜も散るばかりとなって、
え?もう初夏?なんて冗談も言えません。

お元気ですか?

ロバのお腹が大きかったのを覚えておいでですか?
生まれちゃったのですよ!!
その写真はここで↓
http://www.kpfmmf.jp/zoo/news/2010/03/25002073.html
今ではもう小型のロバ君になっています…。

期末のばたばたでお伝えするのが遅れて申し訳なく思っています。
すみません…

この頃は覚えることより忘れることの方が多く、
最期を迎えた時はすべてを置いて行きたいと思っています。

いかん!湿っぽくなってしまった。

穏やかな日々が続いています。
やがてシャクナゲも咲きます。

一年中何かが咲いている園にしたいです。
(古くは笑うというのを咲うと書いたそうですよ)

そうそう、千絵さんのお誕生日ももうすぐですね。
芝生のお誕生会が思い出されます。

もうすぐおめでとう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大変うれしいですね。
おおいに咲きたいです。
ロバのコミミの赤ちゃん、
皆さんも会いにいってあげてください。

わたしも、近々 会いに、咲きにいってきます。