goen°

микрозайм без отказа на карту

blog

誕生絵(たんじょうかい)

過去のblog

!!!!!!
本日36年前、午後2時40分。母に産んでもらいました。
母子ともにいまだに健康です。まず、生きてること、生かしてもらってることに感謝します。
そして、誕生日というものは、みんなに「おめでとう」と言ってもらえるのですが、
そのたびに、産まれておめでとう。といってもらえてるのだなと思い、とても嬉しいです。
毎年、こうやって当たり前に生きてること。
それは大切な仲間がいるから、楽しく感じられてることを心底、嬉しくおもいます。
やった~!人間最高。

で、昨夜は、恒例の誕生会でした。毎年、過剰なサプライズなど、さんざんみんなに
やっていただき、その礼を返せるまでもなく、あっという間に1年たちます。
今年の、幹事は中島信也さん!嬉しかったです。とても、あたたかくて、
ひとりひとりと話せる、HOMEな時間でした。

とくに、驚いたのは、絵映像のギフトです。たくさんの仲間(coen°の子たちも含む)の
自画像と、わたしの似顔絵が交互にでてくる映像です。描いてる様子も時々はいります。
その絵がいいんです。わたしの父も参加してましたが、絵がへたくそなんです。これが。
35年間、父の絵をみたことなかったので、びっくりしました。でも、絵というものは
うまい、へたではなくて、心こめて描いてくれると、こんなにも愛おしいものなんだなと
感動しました。そして、音楽。これがまた、すごかったのです。
信也さん作曲の低音響く、なんとも言えないメロディー。そして、ご自身で歌ってました。
最初は、ジュテ~ムみたいなかんじで、笑ってしまったのですが、
だんだんと、口ずさんでしまう優しい歌です。宮脇さんからは、えかきうたも贈っていただきました。

幸せものめ! と、ほんとうに 痛感しました。

日々過ごしていると、
勝手にひとりで悩んだり、自分だけのことで精一杯になる時があります。
もうだめだ~なんて弱音もはきます。

でも、こうして、みんなに会ったり、
あたたかい言葉をいただいたりすると、

こんなに素晴らしい仲間と摩擦して生きてることを
実感するのです。

この歳は、 この気持ちを忘れずに
進んでいこうと思います。

初心で超えていけますように。

昨日のは 誕生会ではなく 「誕生絵」(たんじょうかい)

まさに、出逢いが絵になる そんな 大きな絵本のなかにいるような時間でした。

ありがとうございます。

森本千絵 という名前のなかに、絵本があること 嬉しく思います。

絵は、 糸(ひと、天命)に 会 (あう、ともにいる) ということ。

これからも もっと 描いていきたく思います。

産んでくれて
育ててくれて
そばにいてくれて
声をかけてくれて
いいね してくれて
ありがとうございます。

P4265428_1

春です。

過去のblog

今年のHAPPYNEWS大賞が決まりました。新聞協会さん、博報堂さんとこの企画を立ち上げ、8年目となります。ことしは、福島県のかわいい兄弟!この子たちは、昨年からずっと毎日!毎日!一生懸命、街のために働いてくれる自衛隊や消防隊の皆さんに路上で「いつもありがとう」とプレートを持ってたってます。はじめは、カレンダーの裏にかいてたらしいけど、文字が小さくて伝わらないなど、試行錯誤を数回繰り返し、このボードになったそうです。4月10日でちょうど1年になるそうです。雨の日も、どんな日でも、毎日メッセージを送っています。とてもしっかりした子たちで、大変感動しました。今日の夕刊、今日、明日でTVでも紹介されると思います。こうしてHAPPYNEWSは、必ず毎日小さいサイズでも新聞にはあり、読者が見つけて応募する賞です。今日も記者がなにかをみつけ、誰かが動いています。ぜひ、みなさんも新聞の片隅でHAPPYをみつけたら、応募してください。毎年4月5日に授賞式があり、出版があり、4月6日(ヨムの日に発表されます)。さて、毎年、わたしはトロフィーでも参加してます。今年のは、陶芸家•石原稔久さんによる「HAPPYを食べてるヤギ」です。少しでも続いて、広がればいいと願って8年。毎年、受賞者や、たくさんの記事を拝見し、元気もらってます。5年前の受賞者のおばあちゃまが、「あなたがやってる仕事は ご縁ね」なんて言ってくれたから、今のgoen°があるというのも、ご縁です。こういった記事で埋め尽くされた日がきますように。
120405_144909