goen°

blog

ご報告

森本千絵

わたしのなかに、 もうひとつの命が宿って
早くも6か月が経ちます。
だいぶお腹もおおきくなりはじめました。
いまは、エコーで見る限りミニE.T.がおおきな洗濯機の中をグルグル回ってるような感じです。

この世界のたくさんの彩り、物語を描き語り継げたらと。いろいろとご迷惑おかけするかとは思いますが、今後とも栄養つけてがんばりますので、よろしくお願い致します。

母と子

私の中に、別人がいるということは
とても不思議です。

エコーで見る限り、E.T.みたいで
心臓音も以前、佐治晴夫博士に聴かせていただいま宇宙の音のようです。
これは、
私の中なのか、外なのか。宙なのか。
ほんとうに不思議。そうおもいながら、あたりを見渡すと、人間だらけ。
誰もが、誰かの子。
みんなのお母さんは、これを経験してるのかと思うと、叫びたくなります。
当たり前のことですが、これはこれは大変なことですね。

今まで沢山、作品作り仕事してきましたが、こんなことを考えたことも、こんなふうに人をみたこともありませんでした。

今後は、無理することなく
企画、創作の仕事は進化していこうと思ってます。
作るものや向かう先に寄り添える命がふえることは、とても光栄なことです。

なにより、わたしにとっては
この仕事は呼吸のようなもの。

ここに至るまでは、いくつも涙をながしました。やっとのことです。産むということは、奇跡です。当たり前のことではありません。

ありがたや。

というかんじです。運命。

ここ数日、まだ見えぬ我が子に、
絵葉書を描いてます。切手は貼ってませんが、缶に投稿してます。

絵葉書描きながら、テレビからは
命を粗末にするニュースが流れてきます。理解できません。
みんな、こんな大変な想いをして
産まれてきたのに。

わたし自身も今までのいろんなことを反省してます。

このさきも、何が起こるかわかりませんし、こればかりは
かみしゃま に委ねるほかありませんが、
この命、みんなの命、これからの命が健やかに 人を傷つけることなく育つことを祈ります。

そんなこんなで、
健康第一で
さらに2倍のパワーで
創作しますので。
なんなりとお仕事ご依頼ください。
ゆっくり越えてゆきます。
家族のために。

そんな、母としての最初の仕事です。どうぞお楽しみください。

森本千絵が三越伊勢丹の母の日ディレクション。
母となるタイミングに生命の物語を表現
「goen°plant planet by 森本千絵―Hahaの木からBokuの木へ。語り継がれる物語―」

コメント

  1. ロデオパンタロン

    森本千絵さん、こんばんわ。
    お腹の調子はいかがですか?
    忙しいでしょうが、身体の事を考えてお仕事も程々にしてください。
    千絵さんに質問があります。
    生まれてくるお子様の名前はもう決めていますか?
    将来的には何人くらい子供が欲しいですか?
    我が子が誕生したら、明るい千絵さんの家庭がさらに明るくなることは間違いないので、僕が言うのもなんですが、楽しみにしていてください。
    そして元気なお子様を生んでください!
    ご懐妊、本当におめでとうございます。

コメントを投稿

*は必須項目になります。(メールは公開されません)