goen°

blog

小沢健二さんの、あの名曲を高木正勝さんが手掛け、倍賞千恵子さんが唄ってくださいました!

森本千絵

今夜は高木正勝さんのライブがありました。

ピアノだけでなく、バイオリン、ビオーラ、パーカッション、コントラバス、笛、アイヌの唄声という編成でした。

山奥へと引越してからつくられた音の数々。

森の中に流れる水、葉を踏みしめる音、どこまでも這う根、雨上がりの香り… おばあちゃんたちの会話……

里山で感じるすべてが

音に込められていて

とても心地よく、目を閉じると涙がでてしまうライブでした。

もちろん、おおかみこどもの雨と雪から、バケモノの子、girlsと華やかな時間もありましたが

後味は里山のささやかなひとときです。

ところで、

白組が手がける

10月公開の映画【GAMBA】

のエンディングを担当することとなり、

音楽を小沢健二さんにご相談することにしました。

僕らが旅に出る理由

をあらためてGAMBAとして作ることとなりました。

小沢健二さんと打ち合わせをした結果、高木正勝さんが手掛けたらどんなことになるんだろうとなり

小沢健二さん✖︎高木正勝さんという

わくわくする組み合わせが実現しました。

そしたら、高木正勝さんから唄は

倍賞千恵子さんにお願いできたらとアイデアいただき、

わたしたちもそれはそれは素晴らしい。まさに倍賞さんの声に寄り添いたいと熱望し、実現することができました。

それはそれは

素晴らしいのです。

旅が旅ではなくなり

ささやかな毎日をどう生きていくか

ということを感じさせられます。

小沢健二さんの考え、

高木正勝さんの環境、

倍賞千恵子さんの声、と

すべてがわたしに

新しい故郷を作ってくれました。

この録音そして

先日、坂本龍一さんの映画音楽録音を拝見したときから

やはりもっと音域を広く

ちゃんとすべての呼吸を

聴きたいなと思い、反省し

眠っていたレコードプレーヤーで

丁寧に聴くことに夢中です。

ひとつひとつの音の距離や

摩擦が心地よく、

忘れていたものが蘇ってまいりました。

と、いうことで

GAMBA、またGAMBAのエンディング楽しみにしていてください。

映像は、泰永優子監督が細かい

アニメーションを作り上げてくれました。とてもキュンとします。

p.s

高木正勝さんのライブは今日もあります。当日券もあるかもしれません。ぜひ!
   
   

コメントを投稿

*は必須項目になります。(メールは公開されません)