goen°

blog

(森本日記°) 感

過去のblog

カウアイ島にある ハナレイにいってきました。

朝が とろり と やってきて
スクリーンショット(2010-12-15 13.19.14)

人は 出発する。

スクリーンショット(2010-12-15 13.19.07)

とおくへ。 とおいとおい エネルギーのあるところへ。

スクリーンショット(2010-12-15 13.19.54)

毎日、エネルギーを全身で 感じながら
ウミガメ といっしょに、波とたわむれる。

海と陸のぎりぎりの ところで
行ったり来たり。 
なにかを忘れていき
なにかが生まれていくところ。

そのぎりぎりを 歩く人々。

スクリーンショット(2010-12-15 13.32.39)スクリーンショット(2010-12-15 13.32.21)スクリーンショット(2010-12-15 13.30.53)

誰と 歩くのか。

素直な気が ただよう海のそばでは、
正直になってしまう。

目でみえるものだけじゃない
背中、足裏、脇。。 いろいろなところで
見えたり、聴こえたりする。

今まで 見てきたものは
ほんの わずかなことだったと
心底 感じた 時間だった。

朝がきて
夜がきて
また朝がくるのが

嬉しい。

東京でも その光を
わずかながらにも
全身で浴びたい。

コメント

  1. goen

    くま さん、
    ありがとうございます。
    傘をつくって 心からよかった!
    と、本気でおもいました。
    ミスと感じず、恐れず、
    その心で沢山の患者さんを喜ばしてあげてください。

    ありがとうございます。

    森本

  2. くま

    はじめまして。森本さんの作品を色々無意識に見ているにもかかわらず、どんな方かを知ったのは、六本木ヒルズの傘屋さん。(この傘かわいい~・・うっ高!)と思っていた時に店員さんが、“うたう作品集”を見せてくれて本屋にダッシュ。即購入しました。

    私は、愛知で看護師をしています。色んな“人生”を見てきています。誕生も終末も。時には喜び、時には悲しみなど、ドラマチックなこともありましたが、今は毎日が流れ作業のように過ぎていきます。
    “ミス”が無い様に!が、暗黙の了解みたいな仕事に、いつの時代から変わってしまったのかな?

    “ミス”=“死”の恐怖がずーと付きまとって、毎日患者さんと接していても、ロボットと同じだな~と感じることもありました。

    そんな時に、六本木ヒルズで出会った傘!ここから、作品集にたどり着き、毎日作品集に心を和ませながら仕事しています。

    新人時代の“誰かの役に立ちたい”と本気で思っていた頃に若返りそうです。

コメントを投稿

*は必須項目になります。(メールは公開されません)