goen°

blog

ラジオ終わりました。

過去のblog

10月から半年間、毎週木曜日8時〜10時 生放送で行ったラジオ。

自信なかったですが、完走することができました。

きっかけは、ある雑誌でわたしがやってたコラム「音から見える景色」
をみていた野上ディレクターが、
TBSラジオでこういった音楽番組ができるんじゃないか
と思ったことから依頼がありました。

わたしは、ずっと無理無理と、だだこねていましたが、
丈夫!やってみようよと野上さんの熱い想いに動かされました。

曽我ディレクターを指名させていただき、
構成してもらい
、指導していただきはじめることができました。

父が、ラジオとは、たったひとりに語りかけるつもりでやればよいと
アドバイスくれてからは緊張しなくなり、だん
だんとうっかり楽しくなってきたのです。

学生の頃からの親友レミが、イベリコブタの声をしてくれ
信頼しているスタイリストの北澤momo寿志さんが、
〜もスナックgoen°という恋と歌謡のコーナーで毎週マスターをしてくれました。

毎週、仲間がたくさん来てくれて心強かったです。

エリンギとイベリコブタは、番組名をおしゃれにしなきゃ
とか悩んだあげく思いつかず、結局好きな食べ物ふたつならべ、
音がよいからそうなっちゃったのです。


番組では、すべての選曲を任せてくれて毎週ゲストや
その
日の出来事にインスパイアされ選んできました。とても楽しい作業です。

また、妄想PVのコーナーがあり
そのきっかけの雑誌のように、わたしがこの音には、こんな絵を。
また、この絵、景色に
はこんな音をと、紹介してきました。
これは普段やっている仕事と変わらない感覚です。

ラジオだからできること。
予算もかからず、耳から宇宙までとべます。どんな景色も描けます。
想像力をつかえるから。

ラジオだからこそ、半年間たくさんの絵が描けた気がします。

最後まで聴いてくださった方々、
ありがとうございます。

そして、ゲストに来てくださった方々、たくさんの音絵を
ありがとうございます。

より、絵が描きたくなりました。

いつかまた機会がありましたら
よろしくお願いします。


番組URL: http://www.tbsradio.jp/m247/thu/

写真 1

↑番組最終回、終了直後。

写真 2

↑番組制作スタッフのみなさんと。

写真 3

↑最終回の縁側ゲスト、小林武史さん。

写真 5

↑エリンギとイベリコブタ、番組オリジナルTシャツ。

写真 4

↑スタジオの窓の向こう。いつも応援団がいっぱいでした。

写真 6

↑「ん〜もっスナックごえん」のコーナーを
毎週レギュラーで一緒にやってくれた、
本職はスタイリストの、北澤”momo
“寿志さん。

写真 7
↑番組ディレクターの曽我さん。

写真 8

↑番組プロデューサー、野上さん。

写真 9
↑打ち上げの席にて。

番組でお世話になった、
野上プロデューサーも曽我ディレクターも、
小学生の時、放送委員会なんだって!すごい。育ちなんだなぁ。

わたしは、美化委員でした。

コメントを投稿

*は必須項目になります。(メールは公開されません)