goen°

blog

森本日記/P°ING P°ONG GOEN°

過去のblog

みなさま お元気ですか?

クリスマスが近づいてきて どきどきしますね。

 

ところで、このシーズンにまったく 接点のない お話です。

 

いきなりですが

わたしは 卓球が好きです。

学生のときに、演劇、ダンスと興味があり

部活に入ろうと思ったのですが、勇気がなくて

卓球部に入ってしまいました。

というのも、学校では 地下のホールが

演劇部ーダンス部ー卓球部

という並びでスペースを使っておりました。

見学にいったら、みんな必死に声だしていたり 舞っていたのに対し

卓球部だけ、卓球台を食卓のようにしながら 楽しそうに

しゃべってるだけの先輩をみて 「これだ!」と

安易な気持ちで 入部してしまいました。

 

やったら やったで 奥深く

これは頭の体操にも 心の体操にも

ちょうどいい 空間だと はまってしまったのです。

 

卓球部は 最初は少ない人数でしたが、

新入部員歓迎会で 卓球ミュージカルをやり、

浜ちゃんという友人にラケットを 踊りながら振り回させました。

それを私は影から ケラケラ笑いながら見ていたわけですが

なぜか 浜ちゃんの頑張りで 大好評で

突然20人以上の入部希望があり、

ダンス部のスペースにまで はみだして

卓球部が 拡大しました。 その現象が 嬉しくて

ますます 卓球が好きになったものです。 地味に 面白いのです。

 

さて。 たった それぐらいの経験しかないのですが

東京アートディレクターズクラブ(ADC)の会員となり

浅葉克己さんとの縁が生まれたことから 私の人生にまた 卓球が

再浮上したのです。

浅葉克己さんは 今年ADCグランプリを受賞されたりもしている

すばらしい 先輩です。 文字を研究し、ずっと長い間

直筆でドキドキするような日記を 日々欠かさず書いていたり、

手旗を持ち歩いていて 突然 振り出したり、 頭に猿のせていたり、

へび をぐるぐる巻して にっこりしているような 不思議な人です。

多くの文化を切り開く人たちとの 交流の幅も広く

いったい 何人いるんだろう? この人 何者なんだろう?と

いまだに 回答が見つけられない すさまじい人です。

 

実は、浅葉さん、 卓球台を 緑から 水色に変えた人です。

ボールをオレンジにした人です。 新しいルールをつくった人です。

愛ちゃんとも 卓球をしたり、 中国でも試合をしたりしている人なんです。

石の卓球台をつくったりもしていますし、 雪の中でも 水の中でも卓球経験あります。 

尊敬します。

 

卓球と デザイン という関係を研究し、広めています。

これは、わたしも 大変共感します。

卓球という コミュニケーション。 

まだまだ 学びたい部分です。

 

だから、 浅葉さんに ついていこうと 決めた私は

浅葉さんから 卓球王国という雑誌までいただき、感化され

久しぶりに ウェアからラケットを新調し

浅葉さんが 毎週練習している 体育館にいきました。

 

ピクチャ 2
4ピクチャ 4

はりきって 練習に5時に着きましたが。

ご覧のとおり。 がら〜ん。

9時まで ほとんどの方が来ませんでした。

帰ろうとしたら、浅葉さん登場。 選手も登場。

びっくりするぐらい 上手いのです。 現役です。

興味本位で 卓球部だったからといって 参加した自分を恥じました。

 

それから ひと月以内のことです。

ついこないだのことですが、 浅葉さんをはじめ 多くの実力者があつまる

エンジン01という文化会に呼んでいただきました。

今年は高知県での開催です。 はじめて高知へ行きました。

右も左も すごい方だらけで 、そこに存在するだけで

心がおさえられるような 気持ちになる会でした。

皆さんは トークセッションという 講演会のような催しをされてました。

私は トークセッションには出ず、 いきなり 小さな車にのり

ついた会場が  ここでした。

ピクチャ 7

091128_120605091128_122312

 

そうです。 卓球大会です。

しかも、 青空です。

さらに、 商店街です。

(こうして 私の高知の1日は終わるのです。)

 

びっくりしました。 拍子抜けしました。

しかも トーナメント戦!

開会宣言までしました。 マイク前にいるのが 浅葉さんです。

ピクチャ 8

トーナメント表もしっかりしてます。

わたしは 浅葉さん率いる キングコングチームのエースと組ませていただき

優勝候補でした。

ピクチャ 4091128_124615

この お二人が エースです。 もうこの 二人と組むなら

大丈夫だと、みんなに 安心がられてました。

 

しかし

ピクチャ 9

 

相手が 牛だったり。

 

ピクチャ 10

 

最強の 卓球少女がいたり。

 

で。。

 

負けました。 私が 足をひっぱってしまいました。

決勝にすら いけませんでした。

 

反省です。

これからは 浅葉さんの練習に 参加して

いちから やり直さねばなりません。

 

もし、これを読んでいて 卓球したい方は 連絡ください。

練習しましょう。

 

そして、 久々の試合の敗北感を抱きながら 

ここは高知。 やはり あの方に会わねばなりません。

世界を見るのです。 あの方のように。

ピクチャ 4龍馬さん。

坂本龍馬さん。

久しぶりに 恥ずかしい写真(いつもですが) ちゃんとやっておきました。

高知で お友達になってくれた仲間も

ピクチャ 12

やはり、 ちゃんと 目指している感が表現できますね。

誓いのアイス。


ピクチャ 5

そして 桂浜。 まるで日本とは思えない 浜でした。

すばらしく 奇麗で 深かったです。

波もはげしく、 これは 遠くを見るための海でした。

そして 気持ちが高ぶるのです。 その高ぶりに よく似合う波でした。

ピクチャ 14

 

もう いちど 行きたいです。

 

すっかり この頃 卓球のことは 忘れていました。

今も うっとり 忘れていました。

 

が、

言いたかったことは

 

卓球 がんばろう。 ただそれだけの ことです。

 

(浅葉さん、ADCグランブリ!おめでとうございます。祈りの痕跡と日記を呼ぶこと自体が 美しいです。)

 

痕跡 のこしたいですね。 

コメント

  1. あれっ!?

    美人に磨きが!

    森本さん、龍馬どんに会いましたか。

    高知の海は、水平線が遠いですね。

    卓球、凄腕の森本さんでも負けちゃうんですね。

  2. うっしー

    おおっ、卓球日記だ!!
     
    負けたのは僕と着ぐるみのせいです…。
    エースの役割を果たせずに悔しいです。
     
    ちょっと練習すれば、すぐ感覚戻りますよ~
    僕なんかでよければ、喜んでお相手致します。 
    いつでも歓迎ですのでお気軽にどうぞ!!
     
    P.S. 今度、goen゜を訪問させて下さい!

  3. 秦 文平

    北九州でお会いした文平です。
    卓球ぜひ参加させてください!

    ちなみに桂浜にはまだいったことがありませんが、長崎にある竜馬の銅像もなんともいえないですよ。地域の有力者に頼ることなく、一人ひとりの寄付で立てたそうです。ちなみにその近くにある亀山社中は竜馬が生きていた建物がそのまま残っており、ここに竜馬、及び海援隊のメンバーが住んでいたんだなぁ~と、なんともいえない雰囲気になりますよ:-)

コメントを投稿

*は必須項目になります。(メールは公開されません)